2010年06月22日

売れちゃった

ペットショップで売れ残ってセールになっていた例の柴犬、
売れたようだ。

ショップで売れ残った犬猫を見て、
「私が買ってあげなければ…」と
慈悲心から購入を決意する人がいる。
慈悲心は大変けっこうなのだが、
それが結局ショップやブリーダーをスポイルし
また同じ事態を次々引き起こしてしまうのだ。
売れるあてもなく次々に子犬や子猫を生産し続ける、
それがどういうことなのか、もっと考えてほしい。
慈悲心ということで見るなら、
保健所で日々処分されていく犬や猫のことも見てほしい。

あなたが買ったその犬の代金が、廻りまわって
また別の犬をショップで売れ残らせている。
また別の遺伝病を持つ犬を生産するお金に使われている。

もちろんこれは極論。
しかし、考えなければ始まらないのだ。
posted by みの at 12:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。